お酒に酔わないためには、アルコール選びおつまみ選びが大切だと述べました。

 

これ以外にも、より対策を強固なものにするためにオススメなのが、コンビニなどで手に入る「市販の商品」「漢方」を活用することです。

 

こういったアイテムに関しては、効果を疑っている方も多いかもしれませんよね??確かに効果には個人差がありますし、お酒の飲み方によっては効果が違うこともあります。

 

しかし、どの商品も酔うことに対しアプローチする成分が配合されています。効果的な成分を凝縮して配合してるので、おつまみと組み合わせることで、より効果が期待できるのでチェックしてみてください。

 

市販品および漢方でオススメ商品をいくつか紹介したいと思います。

へパリーゼ

テレビコマーシャルでもお馴染みのへパリーゼは、肝臓水解物を配合した商品です。肝臓水解物というのは、哺乳類の肝臓に消化酵素を加えて加水分解処理をし、ペプチド状にした物質です。

 

この肝臓水解物を摂取することで、肝臓の血流を増やし、肝臓細胞の再生が促進されます。お酒に含まれるアルコールは、肝臓に運ばれると分解されますが、この時に肝臓細胞が一生懸命働きます。

 

ただし、肝臓は他の成分の分解処理も行っていますから、アルコールの分解が滞ることがあります。肝臓水解物は、細胞の代謝をサポートしてくれるので、へパリーゼを飲むことで効率よくアルコールを分解できます。

 

へパリーゼシリーズは基本的に飲む前に摂取しておくのが良いでしょう。

>>粒タイプもあります

ウコンの力

ウコンの力に配合されている主成分は、商品名からわかる通りウコンです。

 

ウコンに関してはアルコールに効果がないという情報もあります。ウコンというは春ウコンと秋ウコンがあり、アルコールへの効果があるのは秋ウコンと言われています。

 

秋ウコンには、肝臓を保護する作用を持つクルクミンが豊富に含まれています。この成分に働きによって、アルコールによる肝臓への負担が軽減されることで、分解が促進されるとされています。

 

ちなみに、ウコンの力に入っているのは、クルクミンを含む秋ウコンです。ウコンの力はアルコールへの効果が期待できるとされ、特に肝機能が弱っている、連日酒宴が続いているという方には良いかもしれません。

 

と言いつつ、私自身は「ウコン」に関して、その効果効能には懐疑的です。詳しくはコチラ

関連:ウコンのチカラは効果無し?

味の素 ノ・ミカタ

ノ・ミカタの有用成分はアラニンというアミノ酸です。

 

アルコールは肝臓で分解されますが、この時に生成されるのが二日酔いを引き起こすアセトアルデヒドです。肝臓の働きが活性化していればアセトアルデヒドも分解されますが、飲み過ぎたり、もともとお酒に弱い体質だとアルコールによって肝臓の働きが低下します。

 

すると、アセトアルデヒドが分解されないまま残ってしまうのです。アラニンはエネルギー源を作る働きがある上に、アルコール分解によって作られる補酵素を消費する働きも持っています。

 

この働きが肝臓の分解反応を活性化し、アルコールの分解効率を上げることで二日酔いを防止します。

 

ノ・ミカタには、そのまま飲める顆粒状のサプリメントもあり、ドリンクタイプより吸収率がよいので飲むまえに飲んでおくと効果を発揮してくれます。

田七人参

金不換とも呼ばれる田七人参という生薬には、サポニンやフラボノイドが含まれています。

 

これらのポリフェノールは、活性酸素を無害化する働きがあり、血液をサラサラにする効果が期待できます。お酒を飲むと血行が良くなるといわれていますが、アルコールに含まれる糖質やおつまみから摂取する油分は血液をドロドロにします。

 

すると血液の流れが滞り、アルコールの排出が遅くなることで酔いが回ってしまうのですね。田七人参には、この滞りにアプローチする成分が入っているので、アルコールの排出をスムーズにします。

 

この効果によってアルコールがしっかり排出されるため、悪酔いや二日酔いを防ぐ効果が期待できるのです。

 

田七人参そのものは手に入らないので、田七人参サプリを利用しましょう。

陳皮

陳皮というとわかりづらいですが、実はみかんの皮が陳皮です。

 

ビタミンが豊富な陳皮には、ヘスペリジンというポリフェノールがたっぷり入っています。ヘスペリジンは血行を促進したり、毛細血管を強くする働きがあります。

 

アルコールを肝臓まで運ぶ血液は全身をめぐるので、毛細血管が弱っているとその部分で流れが滞ります。ヘスペリジンはアルコールによって起こる血管障害を改善する効果があるので、飲み会の前に飲んでおくとお酒の酔いを緩和してくれます。

あなたにあったサプリを選ぶべき

どんなに効果が高いと言われる市販品でも漢方でも、体質によって効果には差があったり、全く効果を実感できないものもあるでしょう。

 

逆に言うと、自分に合ったものが見つかれば、お酒の席で酔いの不安も軽減されるでしょう。

 

ですので、まずはいろいろと試してみて、効果を検証することが大切だと思います。自分の体に合う市販品や漢方が見つかれば、悪酔いや二日酔いを気にしなくても飲めるようになるので、お酒を飲むことも楽しめるでしょう!

私のおすすめはスパリブです。