お酒で顔が赤くなって困っている。もしあなたが女性であれば、ほんのりピンクの顔は可愛いらしいですが、男性であればちょっとしか飲んでいないのに顔が赤くなるのは、何とも恥ずかしい気持ちになります。

私自身も男で、酒は飲めるのですがすぐに顔が赤くなってしまう体質です。対策方法は色々ありますが、無料ですぐにできる予防法をお伝えしたいと思います。

 


【この記事の結論】

  • 対策法1:ゆっくりとお酒を飲む
  • 対策法2:お酒と同程度以上の水を一緒に飲む
  • 対策法3:顔を冷やしながらお酒を飲む
  • 対策法4:厚化粧する(女性限定)
  • 対策法5:ビタミン、ミネラル、タンパク質を一緒にとる

 

あまり酔っ払っていないのにすぐに顔が赤くなってしまう人もいると思います。それはまさに私自身のことで・・・。お酒で顔が赤くなる原因は、アルコールから分解されたアセトアルデヒドが血管を拡張し血流を促進させるからです。

 

毛細血管に多くの血液が流れ込み、皮膚の薄い顔やまぶた、首などがすぐに赤くなってしまうわけです。

 

すぐにできる対策法として上記5つをあげました。1つずつ紹介していきます。

対策1:ゆっくりとお酒を飲む

まあこれは基本中の基本でしょう。ゆっくりとアルコールを体内に入れることができれば、肝臓のアルコール処理能力勝るので、アセトアルデヒドも滞留することなくすぐに分解することができます。

 

とはいえ、始めの一杯などは、みんなのペースに合わせごくごくと飲まざるを得ない状況もあると思います。そういったケースに備えて、飲み会が始まる前に、水分と軽いおやつでも食べておくことをお勧めします。

 

とにかく胃の中に内容物がない状態でアルコールを流し込むと、即吸収されるのでアルコールの代謝が追いつきません。するとアセトアルデヒドが滞留することになるので、すぐに顔が赤くなってしまいます。

 

飲み会前に飲んでおくものを食べておくものとしておすすめなのは

  • スポーツドリンク
  • プロテインバー

とりあえず二つとも口の中に入れておけば完璧でしょう。すみません無料でできる対策と言いつつ、1番目から有料の対策を紹介してしまいました・・・。

スポーツドリンクはビタミンやミネラルなどの電解質が豊富で、アルコールの代謝を活発に行える状態を整えます。同様にタンパク質もアルコールの代謝と深く関わっているので、これら2つを体内に補給しておけば、飲み会前の対策としては万全です。

 

乾杯の合図で多少無理をして飲んでも、胃の中に内容物があるので、すぐには顔が赤くなることはないでしょう。次に述べる対策2番にすぐに移行し実行することで、顔が赤くなるのを抑制することができます。

対策2:お酒と同じ量の水を飲む

アルコールが肝臓で分解されるときに必要となるのがです。多量のアルコールが肝臓で処理される際、体内にある水分だけでは不足します。

 

アルコールを飲むと水が飲みたくなりませんか??喉の渇きを感じた時点で水を飲んでももう遅いのです。すでに水分不足は始まっているわけです。

 

ですから、アルコールが十分肝臓で代謝できるように、お酒を飲んだら同じ程度の水を飲むことが大切です。 さすがにビールと同じ量の水を飲むのは難しいと思いますが、少なくともコップ一杯は水をもらっておいて、少しずつ体内に吸収させていくのが良いと思います。

対策3:顔を冷やしながらお酒を飲む

顔が赤く見えるのは、アセトアルデヒドの作用により血管が拡張しているからです。血管は温めると拡張しますが冷やすと収縮します。

 

なのでちょっと不自然ですが、チューハイなどを飲みながら左右のほっぺたにグラスを当てるような仕草をすると良いでしょう。

 

顔の一部を冷やすだけでも効果があるので、一度実践してみてください。

対策4:厚化粧をする

これは女性にしかできませんが、 いつもより化粧を厚めにするというのも一つの対策となります。赤さが目立つ以上により厚く外側から被ってやれば、赤いのは目立ちませんよね?

 

男性はこの戦法が使えませんが、1つ代替案の提案。すぐにできることではありませんが、夏場に日焼けをしておく事がおすすめです。

 

白い肌が赤くなると目立ちますが、元々浅黒い肌が多少赤くなってもあまり目立たないのです。男らしさもアップするので、日焼けはおすすめですよ。

対策法5:ビタミンミネラルタンパク質の摂取

アルコールを代謝する際に必要なのは何も水だけではありません。バランス良い栄養素が必要ですが中でも大事なのが、ビタミンやミネラル、タンパク質と言った栄養素です。

 

ビタミンやミネラルが存在する環境下では肝臓が活発に機能することができます。そして肝臓の栄養素はタンパク質なので、タンパク質を多く含む食物をお酒と一緒に食べることも大事です。

 

ですから、トマトなどの緑黄色野菜やフルーツ類、海藻類、豆腐や枝豆などの植物性タンパクなどを積極的に摂ると良いでしょう。